ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年11月06日 10時29分 公開

トランプ大統領、演説で「選挙は盗まれた。訴訟は最高裁まで行くだろう」

郵便投票分の開票に時間がかかり、まだ結果が出ていない米大統領選について、ドナルド・トランプ現大統領が記者会見を開き、「正しい開票をすれば私が簡単に勝つ」が不正が行われており、多数の訴訟を起こすと語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ドナルド・トランプ米大統領は11月5日(現地時間)、ホワイトハウスで記者会見を行い、まだ開票結果が出ていない大統領選挙について、不正が行われていると主張した。

 trump 「正しい開票をすれば私が簡単に勝つ」と主張するトランプ大統領

 これは、同氏が4日夜に行った一方的な勝利宣言から約36時間ぶりに行った演説だ。同氏は自身の公式Twitterアカウントで主張(してTwitterに非表示にされ)ている、郵便投票で不正が行われており、実際には自分が優勢だという主張を繰り返した。

 本稿執筆現在、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州、ペンシルベニア州で郵便投票分の開票が行われており、これらの州でジョー・バイデン候補が優勢になるとトランプ氏が負ける可能性が高い。トランプ氏はかねて、開票プロセスに疑問を投げかけている。

 「われわれはずっと優勢だったが、得票数が秘密裏に削られ始めた」とトランプ氏は根拠を挙げずに主張した。

 同氏はまた、「多数の証拠があり、多数の訴訟になるだろう。おそらく最高裁まで行く。(中略)裁判官の仕事になると思う。いくらでも不正行為をするがいい。だが、我が国ではそれは許されない。ご清聴ありがとう」と語り、質問の時間は設けずに去った。

 バイデン氏は同日、デラウェア州で記者会見し、「米国では、投票は神聖なものだ。大統領を選ぶのは有権者の意志であり、他のなにものでもない」と語った。

 本稿執筆現在、AP通信による選挙人獲得数はバイデン氏が264人、トランプ氏が214人となっている。アリゾナ州、ネバダ州、ジョージア州でトランプ氏が勝ったとしても、ペンシルベニア州でバイデン氏が勝てば、選挙人を273人獲得して勝利することになる。

 trump 2 AP通信による大統領選経過(日本時間11月6日午前10時現在)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.