ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年11月05日 11時32分 公開

トランプ大統領のツイート、非表示相次ぐ 「魔法のように得票差が消えた」──開票作業の不正を示唆?

米大統領選挙に共和党候補として立候補中の現職のドナルド・トランプ大統領が、開票作業の不正を示唆するツイートを投稿し、相次いで非表示になっている。

[樋口隆充,ITmedia]

 11月4日(日本時間)から開票作業が始まり、大接戦が報じられる米大統領選挙。共和党から立候補している現職のドナルド・トランプ大統領が自身の公式Twitterアカウントに投稿した内容に対し、米Twitter社が次々に注意喚起のラベルを付け、非表示としている。

photo 非表示になったドナルド・トランプ大統領のツイート

 非表示になっているのはトランプ大統領が5日未明(日本時間)に相次いで投稿したツイート。投稿されたツイートは「昨夜の時点で、私は民主党(出身の知事)が支配する多くの主要な州で確実にリードしていた。しかし、驚くほどの大量の票が各州で集計された結果、魔法のように得票差が消えてしまった。非常に奇妙だ」という内容。

 さらに、激戦が報じられるペンシルベニア州などの開票状況に対し、「彼ら(集計人)はペンシルベニアで当初あった50万票の差を早く消してしまおうと躍起になっている。ミシガンや他の場所でも同様だ」「われわれは選挙人獲得のため、ペンシルベニア州、ジョージア州、ノースカロライナ州などトランプが大きくリードしていた州で(再集計を)要求する。さらに、広く報告されているように、秘密裏に大量の投票が投棄されたとされるミシガン州に対してもだ」とも投稿。いずれも開票作業での不正の疑いを示唆する内容となっている。

 こうしたことからトランプ陣営は、ペンシルベニア州やミシガン州に対して集計作業の一時停止を求める訴えを裁判所に起こすと米国の各メディアが報道している。米Bloombergの報道によれば、ネバダ州では郵便投票を10日まで受け付けるために開票作業が12日まで続くといい、選挙結果の確定が長期化する可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.