ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年11月03日 13時36分 公開

Twitter、米大統領選後の混乱を回避するための対策を改めて説明

米大統領選前日、Twitterが選挙結果についての誤情報拡散防止のための対策について改めて説明した。例えば公式な結果発表前にトランプ氏が勝利宣言をツイートしても、ラベルを付けて表示しない計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは11月2日(現地時間)、3日の大統領選挙後に予想される混乱を回避するための対策について、改めて説明した。

 Twitterは、正式な選挙結果が発表される前および後に投稿される選挙結果についての不正確なツイートには「このツイートは、州公式あるいは信頼できるメディアによる公式予測以前に米大統領選についての不正確な情報を共有している」というラベルをつけて非表示にし、それでもRTしようとすると更に警告し、正確な情報へのリンクボタンを表示する。

 twitter 1 選挙に関連する不正確なツイートに表示される警告

 このラベルが付く可能性があるのは以下のアカウントだ。ドナルド・トランプ大統領のアカウントも、これに該当する。

  • 大統領候補とそのチームを含む、候補者のアカウント
  • 米国を拠点とする、10万人以上のフォロワーがいるアカウント
  • 2万5000件以上のいいねまたは引用ツイート+RTを持つアカウント

 州による公式発表か、全国規模のメディアであるABC、AP、CBSNews、CNN、Decision Desk HQ、Fox News、NBC Newsの中の2メディア以上が判定を発表した場合は、それを正しい情報とする。

 今回の選挙は、コロナ禍で郵便投票を選ぶ人が多数に上り、その影響で開票に時間がかかり、3日中に結果が出ない可能性が高いとみられる。そんな中トランプ氏が、3日夜の段階で自分が優勢であれば、正式な結果が出る前に勝利宣言をする計画だと米Axiosが複数の情報筋の話として報じた。

 郵便投票を選ぶのは民主党支持者が多いとみられており、3日夜の段階でトランプ氏が優勢でも最終結果は逆転する可能性もある。その場合、トランプ氏の選挙陣営は3日以降にカウントされた郵便投票は不正だと主張する準備をしているともAxiosは報じている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.