ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年10月26日 08時18分 公開

TwitterとFacebookのCEO、米大統領選への対処についての公聴会に召喚

Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、11月17日に上院が開く公聴会で証言する。公聴会の主なテーマは、民主党の米大統領候補、バイデン氏のスキャンダル記事に関する投稿への対処についてだ。

[ITmedia]

 米Twitterのジャック・ドーシーCEOと米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、11月17日(現地時間)に予定されている公聴会で証言する。米上院司法委員会が10月23日に発表した。

 committee

 「公聴会は、プラットフォームによるNew York Postの記事の検閲と抑制に焦点を当て、2020年の選挙に対する企業の対応を検討する貴重な機会を提供する」としている。

 「New York Postの記事の検閲と抑制」とは、同紙が14日に掲載した民主党の米大統領候補、ジョー・バイデン氏の息子、ハンター・バイデン氏のスキャンダル記事の投稿を、Twitterは非表示に、Facebookは投稿へのリーチを減らす対応をしたことを指す。

 twitter Twitterが非表示にしたNew York Postの投稿

 ドーシー氏とザッカーバーグ氏はこの公聴会とは別に、上院商務・科学・運輸委員会が10月28日に開催する公聴会でも証言する予定。こちらの議題は「セクション230」で保護されているプラットフォーム企業についてで、米Googleのスンダー・ピチャイCEOも証言する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.