ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年09月11日 09時11分 公開

Twitter、米大統領選に向けて誤報対策ポリシーを強化「すべての人に平等に適用」

大統領選を2カ月後に控え、Twitterが選挙関連の誤情報を規制するポリシーを強化した。違反するツイートにはラベルを付けるか削除する。「すべての人に平等に適用」する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは9月10日(現地時間)、米大統領選の本番を約2カ月後に控え、投票に悪影響を及ぼす可能性のあるコンテンツからプラットフォームを保護し、有害な誤報の拡散を阻止するためのポリシー変更を発表した。

 twitter

 このポリシーは9月17日の週から有効になり、「選挙やその他の市民活動に対する国民の信頼を損なうことを目的とした虚偽の情報にはラベルを付けるか削除する」。

 ラベルが付いたツイートは、表示が減る。こうすることで、Twitterでの拡散を防ぐ。ただし、ラベルが付けられたツイートを投稿したアカウントのフォロワーには引き続き表示される。

 Twitterは、「われわれは、市民活動、特に選挙の乱用を許さない。乱用しようとする試みは、海外からのものであろうと国内のものであろうと、すべての人に平等かつ賢明に適用する」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.