ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月13日 09時30分 公開

TwitterとFacebook、ロシアにつながるガーナとナイジェリアのアカウントネットワークを大量削除

TwitterとFacebookが同時に、ガーナとナイジェリアで運営され、ロシアと繋がる偽アカウントを多数削除したと発表。いずれも米国がターゲットでコミュニティの分断を狙う投稿を多数行っていた。

[ITmedia]

 米Twitterと米Facebookは3月12日(現地時間)、ガーナとナイジェリアで運営され、ロシアにリンクされていた偽アカウントのネットワークを削除したと、それぞれ発表した。いずれも米国への干渉に関与していたという。

 Facebookは、49のFacebookアカウント、69のFacebookページ、85のInstagramアカウントを削除した。いずれも非政府組織や個人ブログを装ったFacebookページを管理し、多数の虚偽情報を自動的に投稿していた。選挙や政治に直接言及するものではないが、人種やLGBTQ問題などで米国民の分断化を狙ったものとみなしている。

 facebook Facebookへの投稿例

 Twitterは71のアカウントを削除した。こちらもロシアに関連付いており、投稿していたテーマは主に人種や人権に関するもので、やはり分断化を狙ったものとみなした。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.