ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月13日 12時21分 公開

有機ELディスプレイを斜めから見たときの“青み”を改善するフィルム DNPが開発

スマートフォンやPCの有機ELディスプレイを斜めから見た際、青みを抑えられるフィルムを大日本印刷が開発した。

[ITmedia]

 大日本印刷(DNP)は11月13日、スマートフォンやPCの画面を斜めから見た際の青みを抑えられるフィルムを開発したと発表した。フィルムを有機ELディスプレイの層に内蔵することで、どの角度から画面を見ても青みを改善できるという。

 フィルムの名称は「ブルーシフト改善フィルム」。複数のフィルムを重ねる構造によって、光の3原色であるRGB(赤・緑・青)の光をコントロールし、青みを抑えるという。

 有機ELディスプレイはコントラストが高く応答速度が速いメリットがある一方、斜めから画面を見ると青みを帯びるという課題があった。フィルムをディスプレイに内蔵することで有機ELパネルの構造を調整する必要がなくなるため、低コストでテレビ画面やスマホ画面などの青みを改善できるとしている。

photo フィルムを貼った部分は、斜めから見ても色の変化がない

 パネルメーカーなどに提供し、2023年度で年間30億円の売上を目指す。今後もDNPは、技術を生かしたフィルムの開発を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.