ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年11月17日 07時35分 公開

改めて比較する、ぬるいiPhone 12とドキドキしないPixel 5 (1/3)

西田宗千佳さんが、iPhoneとPixelという2大スマートフォン登場の背景にあるものを解き明かします。

[西田宗千佳,ITmedia]

 10月、米Appleと米Googleのフラッグシップスマートフォン「iPhone 12」シリーズと「Pixel 5」が発売になった。iPhone 12は小型モデルの「mini」とハイエンドモデルの「Pro Max」の出荷を控えてはいるものの、基本的な部分はもう見えた、といっていいだろう。

photo 先日発売になった、iPhone 12(奥)とiPhone 12 Pro(手前)
photo GoogleのPixel 5(右)とPixel 4a(5G)

 2020年は例年以上に両者の差が大きい。今回はそこから、「今のフラッグシップスマートフォンの立ち位置」を考えてみたい。

この記事について

この記事は、毎週月曜日に配信されているメールマガジン『小寺・西田の「マンデーランチビュッフェ」』から、一部を転載したものです。今回の記事は2020年11月9日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額660円・税込)の申し込みはこちらから

性能競争から一旦降りたPixel

 両者の最大の違いは何か? 一言で表現すれば「性能」だ。

 マルチプラットフォーム・ベンチマークソフトの定番である「Geekbench 5」の結果で比較してみよう。

photo iPhone 12のベンチマーク結果(CPU)
photo iPhone 12のベンチマーク結果(GPU)
photo Pixel 5のベンチマーク結果(CPU)
photo Pixel 5のベンチマーク結果(GPU)

 結果は一目瞭然だ。同じフラッグシップスマートフォンでも、iPhone 12とPixel 5では3倍もの速度差がある。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.