ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月17日 11時47分 公開

スパコン「富岳」、2期連続で世界4冠

スーパーコンピュータの性能を競う世界ランキング「TOP500」の最新版が発表され、日本の理化学研究所と富士通が開発した「富岳」が4部門で2期連続の世界一になった。

[安田晴香,ITmedia]

 スーパーコンピュータの性能を競う世界ランキング「TOP500」の最新版が11月16日(中央ヨーロッパ時間)に発表され、日本の理化学研究所と富士通が開発した「富岳」がTOP500(演算速度)、HPCG(シミュレーション計算)、HPL-AI(AIの学習速度)、Graph500(ビッグデータの処理性能)の4部門で、2期連続の世界1位を獲得した。

photo スーパーコンピュータ「富岳」

 演算速度は442.01PFLOPS(ペタフロップス)で、2位だった米IBMの「Summit」(148.6PFLOPS)の約3倍。6月に発表された前回の測定結果(415.53PFLOPS)も上回った。シミュレーション計算、AIの学習速度、ビッグデータの処理性能も2位と約3〜5倍の差をつけ、前回の測定数値より上回る結果となった。

 富岳は6月に発表されたTOP500で初めて首位を獲得。2011年に世界一となった先代の「京」が、中国の台頭によってランクダウンして以降、日本のスーパーコンピュータが約9年ぶりに世界一となった。

 発表を受け、理研は「前回のランキングから、さらに性能を向上させることができた。今後は富岳が世の中に広く活用され、新型コロナウイルス感染症など社会課題を解決していくことに期待する」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.