ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年11月19日 11時57分 公開

待ってた! 「あつまれ どうぶつの森」セーブデータ引越し可能に

あつ森がセーブデータの引っ越しに対応。無料ソフト「『あつまれ どうぶつの森』島ごと引越しサービス」を使えば、データを引き継げるようになった。

[岡田有花,ITmedia]

 任天堂は11月19日、Nintendo Switchのゲーム「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)で、セーブデータの引っ越しに対応したと発表した。これまで、本体を買い換えた際などにデータを引き継ぐことができなかったが、新たに公開した無料ソフト「『あつまれ どうぶつの森』島ごと引越しサービス」を使えば、データを引き継げるようになった。

画像 任天堂のアナウンスページより

 プレイヤー(島民代表含む)と島をそのまま新しい本体に移す「島ごと引越し」に対応。まず、本体のユーザーをすべて引っ越し、次に島データを引っ越す、という手順で引き継げる。

 島民代表「以外」のプレイヤーを、別の本体の島に引っ越せる「プレイヤーの引っ越し」も可能だ。「はじめは兄弟で同じ島に住んでいたが、弟が自分の島を新しく作りたくなったので、Switchとソフトを追加で購入した」などのケースを想定している。

画像 引っ越す時は「転出届」が発行される

 プレイヤーの間では、「Switchを買い換えた時、データを引き継げないのが残念」との声も多かった。今回の新機能は、そういったプレイヤーが「待ってた!」などと歓迎している。ただ、別ソフトをダウンロードし、プレイヤーと島データを順に引っ越す仕様が、「ちょっと面倒」という声も出ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.