ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月25日 16時38分 公開

4億画素の写真が撮れる「GFX100」の新ファームウェア、富士フイルムが公開

富士フイルムは、ミラーレスデジカメ「GFX100」向けの新ファームウェアを公開した。約4億画素の写真を撮影できる「ピクセルシフトマルチショット」機能を追加する。

[ITmedia]

 富士フイルムは11月25日、ミラーレスデジカメ「GFX100」向けに、約4億画素の写真を撮影できる「ピクセルシフトマルチショット」機能を追加する新ファームウェア「Ver.3.00」を無料公開した。色再現性にも優れ、美術品や建築物など文化財のデジタルアーカイブに適しているという。

「GFX100」

 ピクセルマルチショットは1回のシャッターで16枚の画像を生成する。通常、イメージセンサーは画素ごとにRGB(赤、緑、青)のうち1つの色情報しか得られないが、ピクセルマルチショットではイメージセンサーを高い精度で1画素ずつシフト(移動)しながら撮影することで各画素がRGBすべての色情報を取得する。このプロセスを0.5画素ずつシフトしながら4回繰り返し、4倍の解像度を得る仕組みだ。

正確なRGB情報を取得するプロセスと画素の微細化プロセスを並行して行う
撮影した画像の例

 撮影データを専用ソフトウェア「Pixel Shift Combiner」で処理すると約4億画素の画像に。出力はDigital Negative(DNG)形式のRAWファイルで、現像ソフトを使用すれば一般的なTIFF形式などに変換できる。

 GFX100は、2019年に発売したプロ向けのミラーレスデジカメ。1億200万画素のラージフォーマットセンサーとボディ内手ブレ補正機構を搭載し、ピクセルマルチショットでもボディ内手ブレ補正の機構を活用しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.