ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月02日 11時17分 公開

AWS re:Invent 2020:AWS Lambdaがコンテナイメージをサポート 関数として実行可能に

AWSが「AWS re:Invent 2020」で、AWS Lambdaのコンテナサポートを発表。コンテナそのものを関数としてイベント発生時に実行できるようになる。ローカル環境で試すことも可能。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「[速報]AWS Lambdaがコンテナイメージをサポート、関数として実行可能に。AWS re:Invent 2020」(2020年12月2日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米Amazon Web Services(AWS)は12月1日(現地時間)、オンラインで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2020」で、AWS Lambdaのコンテナサポートを発表しました。

photo

 AWS Lambdaはサーバレスコンピューティングを実現するサービスです。ファイルの保存やHTTPの通信などのイベントに対応した関数を、あらかじめJavaScriptやJava、Phthon、Goなどのプログラミング言語で記述しておくと、イベントが発生した時にその関数が実行されるというもの。

 今回発表されたAWS Lambdaコンテナサポートにより、コンテナそのものが関数としてイベント発生時に実行されるようになります。

 これによりあらかじめ実行したいコードとそのランタイムやライブラリなどをコンテナにパッケージし、AWS Lambdaに関数の代わりに登録することで、AWS Lambdaのアプリケーションが構築できるようになります。

 つまり、コンテナを用いたアプリケーションの開発ワークフローをそのままAWS Lambdaのアプリケーション開発のワークフローとして用いることができるようになるわけです。

 サポートされるコンテナイメージは最大10GBまで。LambdaランタイムでサポートしているPython、Node.js、Java、.NET、Go、RubyのベースイメージなどもAWSが提供しています。

 また、ローカル環境で試せるようにAWS Lambda Runtime Interface EmulatorもGitHubでオープンソースとして公開されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.