ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月03日 14時20分 公開

ドコモ、月額2980円で20GBの新プラン「ahamo」提供へ 2021年3月から

NTTドコモが、月間のデータ通信容量の上限が20GBの新プラン「ahamo」を月額2980円で2021年3月から提供すると発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモは12月3日、月間のデータ通信容量の上限が20GBの新プラン「ahamo」(アハモ)を月額2980円(税別、以下同)で2021年3月から提供すると発表した。

photo 「ahamo」を発表するNTTドコモの井伊基之社長(写真右)

 4G通信、5G通信の両方に対応。通信容量の上限を超えた場合、通信速度が最大1Mbpsになる。1GBあたり500円で追加できる。

 5分までの通話は何度でも無料。契約手続きはオンラインのみで、契約後の各種手続きも専用アプリを通して提供する。事務手続きやMNP契約に掛かる手数料、細かい割り引きなどは設けない。

photo

 ドコモのユーザーは5月以降、MNP契約の手続きなしでahamoに変更できる。対応端末は確認でき次第Webサイトで発表する。

 携帯電話料金の値下げ要請を巡っては、KDDIが廉価ブランド「UQ mobile」で通信容量20GB・月額3980円、ソフトバンクが「Y!mobile」で通信容量20GB・4480円のプランを発表した。

 総務省の武田良太大臣は当初、これらの発表について一定の評価を示していたが、11月20日に「形だけ割安なプランが用意されただけで、携帯料金が下がったと利用者が実感できなければ全く意味がない」と指摘。実効性のある対応を求めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.