ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月07日 16時34分 公開

イオンの家事支援「カジタク」、不要品のメルカリ・ブックオフ出品を指南する新サービス

「カジタク」運営元のアクティアが、不要品の「メルカリ」「ブックオフ」への出品方法をレクチャーする新サービスを開始。作業員が利用者の自宅を訪問し、片付けや仕分けを手伝った後で、出品方法を教える。

[今藤祐馬,ITmedia]

 イオングループの家事支援サービス「カジタク」を運営するアクティア(東京都中央区)は12月7日、不要になった物品を「メルカリ」「ブックオフ」に出品する方法を利用者に教えるサービス「捨てない大掃除プラン」の提供を始めた。作業員が利用者の自宅を訪問し、片付けや仕分けを手伝った後で、出品方法をレクチャーする。

photo アクティアが「捨てない大掃除プラン」をリリース

 既存の整理収納サービス「片付け名人プラン」をベースにした新サービス。基本料金は1万9800円(税別)。作業員2人が2時間、または作業員1人が4時間、利用者の片付けや出品を手伝う。延長料金は30分当たり2500円。

 メルカリ、ブックオフコーポレーションと共同で、期間限定で提供する。申し込み期間は2021年1月31日まで。メルカリが商品の保管・梱包・発送を代行する「あとよろメルカリ便」にも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.