ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月10日 16時25分 公開

「そんなことより聞いてくれ>>1よ。」──サントリー、“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画を公開

サントリーが、Flash Playerのサポート終了を目前に“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画「Flash Back Memories」を公開した。

[谷井将人,ITmedia]

 サントリーは12月10日、Flash Playerのサポート終了を目前に“おもしろFlash”の歴史を振り返る動画「Flash Back Memories」を公開した。動画には「ゴノレゴ」「カナヘイ」といった作品が登場する。

photo

 現在Flash Playerを提供している米Adobe Systemsは、12月末で同サービスの更新とサポートを終了するとしている。サントリーは「クリエイターへの感謝」「Flashとともに育った大人への応援」をコンセプトに動画を制作。Flash文化とともに歩んだ、32歳の主人公の青春時代を振り返るというストーリーで、ナレーションには「ペリーのお願い」でペリー役を務めた宮崎吐夢さんを起用した。

 “Flash世代”を制作スタッフとして集め、思い出やあるあるネタを詰め込んだという。映像内では「インターネットを接続している時間が“テレホーダイタイム”と呼ばれた午後11時以降」「2ちゃんねるで紹介されるURLがhttpではなくttp」「BGMに過去のWindowsの起動音やクリック音などを使用」などのこだわりを見せた。

 企画のWebサイトも「カラフルなタイトル」「カーソルに追従するエフェクト」などを採用した昔の個人サイトのようなデザインになっている。

photo

 サントリーは「Flashカルチャーを振り返り、今後のクリエイターの次の”新しい“創作を後押ししたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.