ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年12月11日 11時30分 公開

Switch・PS5の偽販売サイトに注意 消費者庁、年末の需要増を前に注意喚起

消費者庁が、Nintendo SwitchやPlayStation 5などのゲーム機を販売しているように見せかけている偽のECサイトを確認したと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 消費者庁は12月10日、Nintendo SwitchやPlayStation 5(PS5)などのゲーム機を販売しているように見せかけている偽のECサイトを確認したと発表した。一般消費者からは、商品を注文し、代金を支払っても届かないという相談が相次いでいるという。

photo

 偽サイトではゲーム機に加え、PCやスマートフォン、カメラなどの販売も装っている。SwitchやPS5は、正規のECサイトよりも安い価格を表示。在庫が残り少ないように見せて消費者の購買意欲をあおっている。サイトは公開から半月後に消滅し、商品は届かず代金も戻らない。

 消費者庁によると、検索サイトで「スイッチ」などと検索すると、検索結果の上位に広告として偽サイトへのリンクが表示されるケースがある。見た目は普通のECサイトと変わらず、日本語も自然なため偽サイトだと判断するのは難しいという。

photo

 利用規約のページにある事業者の情報は偽物で、代表者名や電話番号などは記載されていない。振込先は個人名義の銀行口座で、代金を前払いするよう誘導するなど不審な点もみられる。

 偽サイトは複数あるが、いずれも同じサイト構成で、購入者に向けたメールの文面もほぼ同じことから、同一人物が運営しているものと考えられるとしている。

 消費者庁は「クリスマスや年末年始にかけて家庭用テレビゲーム機の需要が高まると予想される。購入の際には慎重に検討を」と注意を呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.