ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年12月15日 11時58分 公開

セディナカードなどの案内かたる詐欺メールに注意 クレカ情報、口座番号を窃取

[今藤祐馬,ITmedia]

 フィッシング対策協議会は12月14日、SMBCグループのSMBCファイナンスサービス(名古屋市)をかたるフィッシングメールを確認したとして、注意を呼び掛けた。同社が提供するクレジットカード「セディナカード」「OMCカード」の利用を制限したと偽りの情報を表示し、本文中のリンクから偽サイトに誘導するという。

photo 偽サイトのUI

 詐欺メールの件名は「【セディナカード・OMC】カードご利用確認」「セディナカード・OMCカードご利用確認」など。他の件名も使われている可能性がある。

 本文では「ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたい」「カードのご利用を一部制限」などの文言で「http://www.cedyna.co.jp.●●●●.com/」「https://www.cedyna.co.jp.●●●●.com/」といったURLに誘導する。

 誘導先の偽サイトではカード会員サイト「セディナビ」に似せた詐欺サイトが表示され、ユーザーIDやパスワード、クレジットカード番号、使っている銀行口座番号の下4桁などの入力が求められる。

 詐欺サイトは14日午前11時時点でアクセスできる状態で、フィッシング対策協議会は「個人情報などを絶対に入力しないよう、ご注意ください」と呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.