ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月17日 16時26分 公開

PayPayフリマ、ECサイトで買った商品の中古価格相場を表示 「ZOZOTOWN」などの購入履歴と連携

[今藤祐馬,ITmedia]

 ヤフーとPayPayは12月16日、フリマアプリ「PayPayフリマ」に、ユーザーが両社のECサイトで買った衣服などの、中古での価格相場を表示する機能を追加した。持ち物の価値を可視化し、出品を促進する目的。対象のECサイトは「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」「ZOZOTOWN」。

photo 新機能の使い方

 PayPayフリマが3サイトと連携し、ユーザーが過去に買った商品データを取得。オークションサイト「ヤフオク!」とPayPayフリマのデータを基に価格相場を算出し、商品と合わせて「持ち物リスト」に表示する。ユーザーは売りたいものを選んでPayPayフリマに出品できる。

 スマートフォンカメラで持ち物を撮影すると、その価格相場を表示する既存の機能「持ち物チェッカー」とも連携。撮影した物品を持ち物リストに追加することも可能だ。

 まずはPayPayのアプリ上で動作するミニアプリ内で提供し、追ってPayPayフリマのスマホアプリに追加する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.