ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月18日 12時40分 公開

OS仮想化ソフト「Parallels Desktop」がM1 Macに対応 Arm版Windows 10動作に意欲

M1 MacでWindowsを動かすための試みとして、Parallelsが仮想化ソフト提供を開始した。

[松尾公也,ITmedia]

 米Parallelsは12月17日(米国時間)、OS仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」をM1プロセッサ搭載Macに対応させたTechnical Preview版を公開した。Intel版OSは動作しないが、Arm版OSを動かすことができる。同社は米MicrosoftによるWindows 10のArm版「Windows on ARM」のx64アプリサポート発表を歓迎するとコメント。Arm版Windows 10をM1版Parallels Desktopで動かすことへの意欲を見せた。

photo Parallels Desktop for Mac M1対応版
photo Parallels Desktop for Macリリースノート

 Parallels Desktopの機能の多くは仮想化エンジンとゲストOSのアーキテクチャに依存しているため、M1チップ向けにはほぼスクラッチから開発する必要があると説明。このため、現在のTechnical Preview版にはいくつかの制限事項がある。

  • x86ベースのOSはインストールできない
  • VM(仮想マシン)のサスペンド、レジューム、スナップショットへの復帰はできない
  • VM動作中にCloseボタンは使用できない
  • Arm32アプリはVM内で動作しない

 実際にArm版Windows 10をM1版Parallels Desktopにインストールしたというユーザーによれば、M1 MacはARMv8(64-bit)のデュアルコア(1GHz)として扱われ、3GBメモリで仮想的に動作しており、Microsoft Edgeなどの純正プログラムは動いていたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.