ITmedia NEWS >
レビュー
» 2020年12月20日 08時00分 公開

見たいものにぐっと寄れて写真や動画も撮れる 手のひらサイズのデジタル単眼鏡「Powershot Zoom」が面白い (1/3)

キヤノンの「Powershot Zoom」は写真や動画も撮れる単眼鏡。これが実にいいとこをついてて面白いカメラなのだ。

[荻窪圭,ITmedia]

 キヤノンの「Powershot Zoom」でアオサギを見ていたら、見知らぬ人から「それはゴルフ用のものですか?」と聞かれた。確かにゴルフ用距離計に似てる。雰囲気はそっくり。

正面から見るとなんだかよく分からない「Powershot Zoom」。このスタイルが面白い。直販価格は3万5750円(税込)

 でも違う。これはデジタル単眼鏡である。正確にいえば「写真や動画も撮れる単眼鏡」だ。これが実にいいとこをついてて面白いカメラなのだ。

 単眼鏡は双眼鏡の片割れというイメージで、実際には片手で持てるコンパクトな望遠鏡のこと。Powershot Zoomはまさにそんな大きさ、デザインなのである。

ゴルフ用距離計に近いサイズ感。片手で気軽にのぞけるが400mm時は左手を添えた方が安定する。

 デザインはメッセージであり、これは「カメラでもあるけどその本質はデジタル単眼鏡ですよ」といっているように思える。

撮影もできるデジタル単眼鏡とは

 もちろんPowershotなので中身はデジタルカメラ。望遠専用デジカメだ。

 レンズは35mm判換算で100〜400mmの望遠ズーム。ズーミングは無段階ではなく、100mmと400mmの切り替え式(さらに800mm相当のデジタルズームもある)。

ZOOMボタンを押すと100→400→800と順繰りに切り替わる

 無段階のズームではなくステップ式にしたのは素早く拡大できて良いと思う。まず100mm相当で見たいポイントを見つけたら400mmに切り替えて観察するという使い方だ。

 で、3段階でこのくらいぐっと寄れる。いつものガスタンク……といっても、100mm相当でも望遠すぎてよく分からんですな。

いつもの場所からいつものガスタンク。100mm相当なので広角端でもこれだけアップで撮れる

 というわけで、池でプカプカしながらくつろいでたキンクロハジロを撮ってみた。

100mm相当でキンクロハジロ。これで被写体を見つける(100mm相当 1/640秒 F5.6 ISO400)
これで見つけた被写体にググッと寄る。画質はちょっとISO感度を上げるとディテールが甘くなる感じでまあ普通の廉価版コンデジだ(400mm相当 1/500秒 F6.3 ISO400)
800mm相当はデジタルズームになるためけっこう甘め(800mm相当 1/500秒 F6.3 ISO400)

 400mm相当って今どきのコンデジ(30倍ズームとか当たり前だし)と思うと大したことはないが、ポケットに入る手ブレ補正付きデジタル単眼鏡としては十分使いやすい性能だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.