ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月23日 16時17分 公開

東急グループ、経費管理をペーパーレス化 年10万時間の業務削減目指す コンカーの経費精算クラウド導入

東急グループが経費管理の効率化に向け、コンカーのクラウドサービスを採用。一般社員による経費精算では年4万8000時間、管理職や出張手配なども行う経理部門では年5万2000時間の業務削減を目指す。

[今藤祐馬,ITmedia]

 東急グループが経費管理の効率化に向け、経費精算用のSaaSを手掛けるコンカーのクラウドサービスを採用する。一般社員による経費精算では年4万8000時間、管理職や出張手配なども行う経理部門では年5万2000時間の業務削減を目指す。コンカーが12月23日に発表した。

photo 東急グループが導入する2サービス

 東急は東急電鉄や東急エージェンシーなどグループ5社とともに、2021年7月をめどに導入する予定。コロナ禍を受けてテレワークが普及し、東急グループ全体でペーパーレス化のニーズが高まったため採用を決めたという。

 東急が導入するのは、スマートフォンのカメラで撮影したレシートの自動認識などが可能な可能な経費精算の「Concur Expense」と出張費の管理に特化した「Concur Travel」。今後は他の子会社への導入も進め、グループ全体のペーパーレス化を促進するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.