ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月06日 17時47分 公開

空中に浮かんだキーボードに触れ、タッチパネルを“非接触”で操作 DNPが新技術

DNPが、空中に浮かび上がったキーボードなどの画像に触れることで画面を操作できる技術を発表。2021年度中に商品化し、銀行のATMなどに提供する予定。

[今藤祐馬,ITmedia]

 大日本印刷(DNP)は1月6日、空中に浮かび上がったキーボードなどの画像に触れることで、タッチパネル式ディスプレイを“非接触”で操作できる技術「DNP非接触ホロタッチパネル」を発表した。画像を印刷した特殊なフィルムにLEDなどの光を当てると、その画像が空中に浮かび上がって見える技術「リップマンホログラム」を応用したもの。2021年度中に商品化し、銀行のATMなどに提供する予定。

photo 「DNP非接触ホロタッチパネル」

 キーボードやボタンを描いたDNP製のフィルム、LEDライト、赤外線センサーを組み合わせて映像を表示する。利用者がフィルムをディスプレイ上に置き、LEDの光を当てると、キーボードやボタンが空中に浮かび上がる。その画像に触れると、センサーが指の位置を検知し、入力した内容をディスプレイに反映する。

 既存のディスプレイにフィルムやセンサーを外付けすると、非接触での操作が可能になる。フィルムのサイズはA4判(210×297mm)までで、厚さは0.1〜0.2mm。画像が浮かび上がる距離は画面から50mmまで。

photo 薄いフィルムを使用する

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、非接触のニーズが高まっていることを踏まえて開発した。DNPはこの技術を端末やセンサーのメーカーにも提供し、22年度に関連サービスを含めて30億円の売上を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.