ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月16日 13時17分 公開

触れずに操作できる透明ディスプレイ、DNPが開発 モーションセンサーで手の動きを検知

大日本印刷が、画面に触れずに操作できる透明なディスプレイの提供を始めた。モーションセンサーを搭載し、利用者は画面の前で手を動かすことで操作できる。

[吉川大貴,ITmedia]

 大日本印刷(DNP)は12月16日、画面やリモコンに触れずに操作できる透明ディスプレイの提供を始めた。モーションセンサーを搭載しており、利用者は画面の前で手を動かすことで操作できる。コロナ禍により非接触で操作できる製品へのニーズが高まったことを受けて開発した。

 透過・遮光の度合いを調整できる透明ディスプレイ「Smart Display Window」の新モデル。普段は透明だが、センサーが人の手を検知すると自動で遮光状態になり、画面にカーソルを表示する。利用者は画面の前で手を動かすとカーソルを操作でき、人差し指を曲げるとボタンをクリックできる。

 旧モデルと同様、スクリーンの背景に文字や映像、画像が浮かび上がるAR(拡張現実)表現も可能。ホテルや企業の受付での利用を見込み、2022年度までに5億円の売り上げを目指すという。

実際に操作する様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.