ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年01月06日 19時25分 公開

ドローンで空に旗を掲げる実験 プロモーションや避難誘導での活用見込む

日鉄ソリューションズが、さまざまなサイズの旗を装着したドローンを飛ばし、空中に旗を掲げる実験を行った。イベントのプロモーションや災害時の避難誘導などでの活用を見込む。

[今藤祐馬,ITmedia]

 日鉄ソリューションズ(東京都港区)は1月6日、さまざまなサイズの旗を装着したドローンを飛ばし、空中に旗を掲げる実験を行ったと発表した。イベントのプロモーションや災害時の避難誘導などでの活用を見込む。

photo

 実験は福島県、静岡県、東京都内で2020年11月〜12月に行った。本番の実験に先駆けて、風を人工的に発生させる施設で予備実験を行い、旗を掲げる際にドローンにかかる負荷を算出。風の強さに応じて、ドローンが装着できる旗の大きさを予測した。本番の実験では、1辺の長さが1〜4.7mの、正方形の旗を空に掲げた。

photo ドローンに装着した旗

 今後は旗の視認性を高める実験も行う予定。実用化できれば災害時に広い地域へ情報を伝えられる他、エンターテインメント分野での活用が見込めるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.