ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月06日 20時53分 公開

楽天、ドローンで離島に食料品を配達 荷物を自動切り離し、接触避ける

楽天が、ドローンを使って三重県志摩市の離島・間崎島に食料品などを配送するサービスを期間限定で始めた。新型コロナ対策として荷物を自動で切り離す機能を搭載し、利用者が人の手を介さずに商品を受け取れるという。

[今藤祐馬,ITmedia]

 楽天は1月6日、ドローンを使って三重県志摩市の離島・間崎島に食料品などを配送するサービスを期間限定で始めた。ドローンは市内のスーパーと間崎島の間の往復11kmを目視外飛行する。新型コロナ対策として荷物を自動で切り離す機能を搭載し、利用者が人の手を介さずに商品を受け取れる。

photo ドローンのイメージ(三重県公式サイト)

 提供期間は1月6日から22日まで。利用者から専用のスマートフォンアプリや間崎島の公共施設に設置したタブレット端末などで注文を受け付け、スーパーからドローンを飛ばして荷物を届ける。配送できる荷物の重さは1回あたり5kgまで。

 配送できる商品は生鮮食品や弁当など約240種類。決済方法は現金、クレジットカードに加えて電子マネー「WAON」やスマートフォン決済アプリ「楽天ペイ」などに対応する。配送手数料は1回あたり500円(税込)。

 ドローンを活用した配送サービスの実用化に向けた施策の一環。2020年1月に志摩市で行ったドローンによる配送実験の結果を基にサービスを開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.