ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年01月08日 12時14分 公開

パナソニックも自社製マスクを一般販売 Panasonicロゴ入り

パナソニックは、自社の国内工場クリーンルームで製造した不織布マスクを、1月12日から一般販売する。50枚入り1箱3278円(税込、送料別)。

[ITmedia]

 パナソニックは、自社の国内工場で製造した不織布マスクを、1月12日から公式通販サイト「Panasonic Store Plus」で一般向けに販売する。50枚入り1箱3278円(税込、送料別)。社内や関係先向けに提供していたマスクを、社会貢献活動の一環として一般にも販売することにした。

画像
画像
画像

 同社は昨年5月から国内工場クリーンルームに生産設備を導入し、一般用マスクと一般医療用マスクを製造。社内や関係先に提供してきたという。7月からは「夏用マスク」も製造し、各種スポーツ関連団体に寄付していた。

 今回発売するのは、飛沫や微粒子を99%カットできるフィルターを採用した国産材料の3層不織布マスクで、サイズは95×175mm。右下に「Panasonic」のロゴが入っている。

 12日午前10時に発売する。注文が多ければ届けるまで時間がかかる場合があるとしている。

 国内家電メーカーでは、シャープが昨年4月から自社生産マスクを一般販売している。価格は1箱50枚入りで3278円で、パナソニックと同じ。月1回マスクを送る「定期便」(30枚入り1箱1650円)も提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.