ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年01月08日 16時28分 公開

通話SNS「パラレル」人気 1人1日3時間以上も通話 “オンラインのたまり場”に

通話SNS「パラレル」の通話時間が急伸している。1人当たりの1日の平均通話数は3時間を超えているという。

[ITmedia]

 スマートフォンゲームをプレイしながら通話できるSNS「パラレル」の通話時間が急伸していると、運営元のベンチャー企業Reactが1月8日に発表した。1人当たりの1日の平均通話数は3時間を超えているという。

画像

 パラレルは2019年にリリース。ユーザーは、自宅に帰るとパラレルを開いていつものメンバーと通話を始め、ゲームやYouTubeを視聴しながら長時間会話するなど、“オンラインのたまり場”として利用しているという。 約半数のユーザーが、リアルで会ったことのない友達同士で使っているのも特徴だ。

 昨今の情勢に伴う巣ごもり需要により利用が急増しており、リリースから1年半で累計通話時間が30億分を突破したという。また、巣ごもり需要が高まる前の2020年2月と、高まった後の12月を比較すると、月間ユーザーは7倍以上、月間通話時間は6倍以上に増えたという。

 新たに、アプリ内で画面共有したりYouTubeを見られる機能や、ミニゲーム機能をプレイできる「パーティ機能」を追加して、ユーザーの巣ごもり需要に応えていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.