ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年01月11日 07時09分 公開

CES 2021:Lenovo、5面ディスプレイ表示可能なARメガネ「ThinkReality A3」を年内発売予定

Lenovoは、Windows PCと接続して仮想ディスプレイを最大5つまで表示できる法人向けARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表した。

[ITmedia]

 中国Lenovoは1月10日(米東部時間)、法人向けARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表した。2019年発表の先代「A6」よりも大幅に軽量化され、ヘッドセットから“メガネ”に近づいた。2021年半ばに発売の予定。価格はまだ公表されていない。

 lenovo 「ThinkReality A3」

 ThinkReality A3は、USB Type-CケーブルでPCあるいはMotorola製スマートフォンに接続して使う。PC接続用は「PC Edition」、スマートフォン接続用は「Industrial Edition」になる。いずれも「サングラスのように顔にフィットし、産業用フレームオプションで強化もできる」。

 lenovo 2 装着したところ。やや大きめのメガネのようだ

 PCに接続すると、最大5つの仮想1080pディスプレイを表示できる。

 lenovo 3 仮想の5面ディスプレイ表示のイメージ

 米Qualcommの「Snapdragon XR1」を搭載し、1080pの動画配信用の800万画素のRGBカメラ、位置トラッキング用のデュアル魚眼カメラを備える。PC Editionの仮想ディスプレイは、IntelおよびAMD Ryzen搭載の主なThinkPadシリーズに最適化されており、Windowsで利用できる。

 lenovo 2

 Industrial Editionを接続するスマートフォンはQualcomm Snapdragon 800シリーズ以上のプロセッサ搭載であることが条件。こちらはThinkReality専用プラットフォームをサポートする。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.