ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
コラム
» 2021年01月13日 07時00分 公開

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る (1/2)

Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ。当時の社員が振り返る」(2021年1月12日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 1990年代後半に、米Yahoo!などに代表されるインターネット系企業の株が高騰したインターネットバブルが発生しました。

 そのバブルが2000年前後にはじけると、ユーザー数の拡大を背景に資金調達をしてきた企業の多くが投資家からの資金を得られなくなり、行き詰まり始めます。

 米Amazon.comもそうした状況のなかで先行きを不安視された企業の1つでした。2001年4月の週刊東洋経済の記事には、最高値の10分の1程度にまで下がった株価のグラフとともに、「莫大な酸素(キャッシュ)を燃やし続けている」「2000年12月末時点で2000億円を超える債務超過だ」と記されています。

photo Amazon Web Services(AWS)の公式Webサイト

 当時Amazon.comのデジタルメディア部門ディレクターであったDan Rose氏は、このとき大きな支出は高価なSun Microsystemsのサーバを抱えるデータセンターだったため、それを安価なHPのLinuxサーバに切り替えたことが、Amazon Web Services(AWS)が生まれたきっかけになったと一連のTwitterで振り返っています。

インターネットバブルがはじけた2000年、私はAmazon.comにいた。資本市場は干上がり、われわれは1年ごとに10億ドル(約1000億円)の費用を燃やしていた。最大の支出は高価なSunのサーバ群を抱えるデータセンターだった。そこで私たちは1年かけてSunをHPのLinuxサーバへと置き換えていったが、これがAWSの基礎となった。この頃のことを振り返ってみよう。

 Dan Rose氏は1999年から2006年までAmazon.comに勤務。その後米Facebookのパートナー担当VPとなり、現在はベンチャーキャピタルの米Coatue Managementに務めている人物。

 大変興味深いツイートでしたので、続けて紹介しようと思います。

Jeff Bezos氏、高価なSunサーバをHP/Linuxへ置き換えると決断

当時の私たちのモットーは「より速く大きくなる」であり、サイトの安定稼働こそ私たちにとって最重要だった。というのもダウンタイムの1秒ごとに売り上げを失うのだ、だからサイトを稼働させ続けることに大金を使っていた。Sunはプロプライエタリで高価であったがもっとも信頼性が高いサーバであったため、あらゆるインターネット企業が使っていた。

2000年に入り、ベンチャーキャピタルからの追加投資が得られずに破産したスタートアップが放出した新品のSunサーバが何台も、eBayで10セントから競売に出始めた(当時はAWS登場以前だったから、自分たちでデータセンターを持つ必要があったのだ)。だからAmazonはSunに対して値切ることもできたが、Jeff(新野注:Jeff Bezos CEO)はもっと大胆なアプローチを選んだ。

AmazonのCTOはRick Dalzell、ウォルマート出身の猪突猛進型だ。彼はエンジニア組織全部を使ってSunをHP/Linuxに置き換えた。Linuxのカーネルがリリースされたのが94年で、JeffがAmazonをスタートさせたのと同じ年だ。6年たって、私たちは全社でそれに賭けることにしたが、当時それは斬新でリスキーなアプローチだった。

 Dan Rose氏が振り返るように、インターネットバブルの頃は、高性能なWebサーバと言えばSun MicrosystemsのSolaris/SPARCサーバがその代表であり、それをシスコのルータ経由でインターネットに接続するのが大規模Webサイトの典型的な構成でした。

 これをx86サーバとLinuxに置き換えるというのは、当時のx86サーバの能力やLinuxの成熟度、その上で大規模なECサイトを稼働させることなどを考えると、確かに斬新かつリスキーなアプローチだったと言えるでしょう。

 2010年にSun Microsystemsはオラクルに買収されるわけですが、その後の技術の潮流を考えれば、このインターネットバブルの頃が同社の最盛期だったのかもしれません。

 Dan Rose氏のツイートに戻りましょう。

 Jeff Bezos氏の決断によりSunサーバをHP/Linuxへ置き換えることにした同社は、しかし置き換えに失敗すれば倒産というところまで追い詰められます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.