ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月13日 15時47分 公開

ルネサス、コネクテッドカー開発でMicrosoftと協業

ルネサスがコネクテッドカー開発でMicrosoftと協業。ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載した開発ツール「R-Carスタータキット」が、MSのモビリティプラットフォーム「MCVP」の開発環境として利用できるように。

[ITmedia]

 ルネサスエレクトロニクスは1月12日、米Microsoftとコネクテッドカー開発で協業したと発表した。ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載した車載ソフト開発ツール「R-Carスタータキット」が、MSのモビリティ企業向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」(MCVP)の開発環境として利用できるようになった。

画像

 MCVPは、自動車などモビリティメーカー向けのAzureを活用したプラットフォーム。自動車メーカーなどは、車載センサーからのデータを収集し、Azureクラウドに蓄積・活用するなどして各種サービスを開発できる

 両社の協業により、MCVPの開発環境として、ルネサスの「R-Carスタータキット」などが利用できるようになった。モビリティメーカーは、R-Carスタータキットを使ってPCやクラウド上で開発したソフトウェアを、R-Car SoCに搭載して自動車の組み込み環境で事前検証できる。

 今回の協業によりルネサスは、コネクテッドカーの開発を加速し、オンデマンド型ビジネスの早期立ち上げに貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.