ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年09月19日 13時18分 公開

コネクテッドカーの車体丸ごと、通信性能を測定 パナソニックが国内最大級の電波暗室を構築

パナソニックが自動運転車やコネクテッドカーの通信性能を測定できる大型の電波暗室を構築した。

[谷井将人,ITmedia]

 パナソニックは9月19日、5Gアンテナや無線機を搭載したクルマの通信性能を測定できる、国内最大級の電波暗室(神奈川県横浜市)を構築したと発表した。自動運転車やコネクテッドカーを開発する自動車メーカーが、設計の初期段階から通信性能を検証できるよう支援する。

photo

 5G通信では、複数のアンテナや無線機を車両に搭載すると、車体が電波を反射したり、他の電子機器が出す電磁波の影響を受けたりして、性能を十分に発揮できない場合がある。

 パナソニックの施設では、車両をターンテーブルに載せて回転させると同時に、疑似的に設置した基地局タワーを動かし、全方向から通信性能をチェックする。5G通信で用いられる周波数を含め、最大200の周波数を同時に測定可能という。測定データは、同社の技術者が解析する。

photo

 電波暗室のサイズは、21(幅)×9(高さ)×29(奥行き)メートル。基地局タワーの高さは8メートル。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.