ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年01月14日 11時30分 公開

Tesla、約15万8000台の「Model S」と「Model X」がリコール対象に

米運輸省幹線道路交通安全局は、Teslaに対し、約15万8000台の「Model S」および「Model X」をリコールするよう通達した。ディスプレイの故障が衝突リスクを高める可能性があるとしてる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米運輸省幹線道路交通安全局(NHTSA)は1月13日(現地時間)、米Teslaに対し、約15万8000台の「Model S」および「Model X」をリコールするよう通達した。ダッシュボードのディスプレイの故障が衝突リスクを高める可能性があるとしている。

 recall

 対象となるのは2012年〜2018年製造のModel Sと、2016年〜2018年製造のModel X。ディスプレイで採用するNVIDIAの「Tegra 3」プロセッサのNANDフラッシュメモリチップの不具合で、メモリチップの総容量が使い果たされるとディスプレイが起動不能になる現象が報告された。

 display Model Sのディスプレイ

 Teslaはこの問題を確認しており、障害を軽減するためのソフトウェアアップデートも行っているが、NHTSAはこのアップデートは「実質的に不十分」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.