ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年01月18日 15時28分 公開

クルマを移動式オフィスに 日産がキャラバンのコンセプトモデルを発表

日産自動車が業務用車種「NV350キャラバン」のコンセプトモデル「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」を発表。車内のスペースをオフィス空間に転用する。

[ITmedia]

 車内をオフィス空間にして、どこでもテレワーク――日産自動車は、業務用車種「NV350キャラバン」のコンセプトモデル「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」を1月15日に特設Webサイトで公開した。クルマを使ったテレワークスタイルを提案する。

photo 使用のイメージ

 同モデルでは、キャラバンをベースに専用のカスタムセットを取り付けることで、車内のスペースを移動式オフィスに転用。机や椅子を備え、DC/ACインバータからはデスクトップPCなどの電源を取れる。バックドアを開けてオフィススペースを外にせり出させるギミックも備える。

photo 机と椅子を車内に設置できる
photo

 クルマの屋根をビーチパラソルのように活用する「ルーフバルコニー」も用意。作業での疲れを軽減する休憩スペースのような使い方もできるという。

photo 屋根で休憩することもできる
動画が取得できませんでした

 特設Webサイトでは、同車種の他にも2020年に発表した電気自動車「日産 アリア」や、スポーツカーの「フェアレディZ プロトタイプ」、ルーフボックスを備えた新型の「ノートe-POWER」のコンセプトモデルなど、同社のカスタマイズモデルを展示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.