ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月20日 15時06分 公開

三菱地所が「バーチャル丸の内」公開へ VRイベントの場として提供

三菱地所が、丸の内を再現したバーチャル空間を2月21日にオープンする。まずはVRで再現した丸の内ビルのイベントスペースを公開。仮想空間上で行うイベントやカンファレンスの場として提供する。

[吉川大貴,ITmedia]

 三菱地所は1月20日、丸の内を再現したバーチャル空間を2月21日にオープンすると発表した。まずは丸の内ビル1階のイベントスペース「マルキューブ」をVRで再現。仮想空間上で行うイベントやカンファレンスの場として公開する。コロナ禍で街に出向きにくい中でも、丸の内の雰囲気を身近に感じてもらうための施策という。

photo 現実世界のマルキューブ=左 VRで再現したマルキューブ=右

 名称は「バーチャル丸の内」。VRのマルキューブにはモニター付きのイベントステージを設置し、現実世界で開催するイベントをライブ配信できるようにする。マルキューブ以外のエリアは、今後再現や公開を検討する。

 利用者は自身のアバターを操作してバーチャル空間を散策したり、イベントに参加したりできる。イベントがないときでも入場でき、他の利用者とのコミュニケーションや記念撮影を楽しめる。

 企画や運営には、オリジナルのVR空間が作れるバーチャルイベントサービス「cluster」を提供するクラスターが協力。アクセスにはclusterアプリをインストールしたスマートフォンやPCが必要となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.