ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年01月21日 09時44分 公開

トランプ政権、Googleから企業秘密を窃盗した元Uber幹部やCAスキャンダルのバノン氏らに恩赦

トランプ前米大統領政権は、トランプ氏退任直前、73人に恩赦を与えた。その中には、Googleから自動運転関連の企業秘密を盗みUberに渡したとして実刑判決を受けたアンソニー・レヴァンドフスキー氏や、トランプ氏の大統領選チームのCEOを務め、CAの選挙操作ツールを採用したと報じられるスティーブ・バノン氏が含まれる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国のドナルド・トランプ前大統領政権は1月20日(現地時間)、トランプ氏退任の前に、73人に恩赦を与え、70人を減刑したと発表した。

 恩赦を与えた中には、米Googleおよび米Uberの元幹部で、米Alphabet傘下のWaymoから自動運転関連の企業秘密を盗んだとして実刑判決を受けたアンソニー・レヴァンドフスキー氏が含まれる。

 tony トランプ政権のプレスリリースより

 プレスリリースによると、この恩赦はピーター・ティール氏パルマー・ラッキー氏などが強く支持したという。

 レヴァンドフスキー氏は2007年から約9年間Googleでソフトウェアエンジニアを務めた後、自動運転技術を手掛けるOTTOを立ち上げ、Uberによる買収で2016年に同社入りした。Googleからスピンアウトした自動運転企業Waymoは2017年、レヴァンドウスキー氏が退社前に大量の機密情報をダウンロードしたとしてOTTOを起訴した。

 恩赦を受けたレヴァンドフスキー氏は「公益のために自身の才能を捧げる計画を立てている」という。

 トランプ大統領の選挙対策本部のCEOを務めたスティーブ・バノン氏も恩赦を受けた。同氏はトランプ氏当選後、政権入りもしたが翌年解任され、2020年8月に詐欺容疑で逮捕された。同氏は大統領選中、米Facebookの個人情報を不正に流用したCambridge Analytica(CA)に「投票者の行動に影響を与えるツール」開発のための資金を提供したと報じられている

 bannon

 恩赦のプレスリリースにはバノン氏の評価として「政治的洞察力で知られる保守運動の重要なリーダー」と書かれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.