ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年01月25日 11時54分 公開

Twitterも真似するClubhouse、新ラウンドで資金調達 クリエイター支援へ

米国で急成長中の音声チャットプラットフォームClubhouseがAndreessen Horowitzなどから新たな資金を調達する。「音声版Twitter」とも呼ばれるClubhouseはまだ招待制だが、昨年3月の立ち上げ以来200万人が訪れた。新たな資金でクリエイター助成プログラムを立ち上げる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米音声チャットプラットフォームのClubhouseは1月24日(現地時間)、米VC大手Andreessen Horowitz主導のシリーズBラウンドの資金調達を行うと発表した。調達総額は公表されていない。

 Clubhouseは2020年創業でサンフランシスコに拠点を置く米Alpha Explorationが同年3月に立ち上げたソーシャルサービス。プラットフォーム上に好きなテーマで自分のチャットルームを開設し、世界中の人々と会話できるというコンセプトだ。音声版Twitterとも呼ばれる。まだ招待制でiPhoneアプリしかないが、200万人以上が訪れたという。

 clubhouse Clubhousアプリは日本でも公開中

 ユーザーは好きなチャットルームに自由に出入りし、会話に参加できる(だまって聞くだけも可)。ライブコンサートを開いたり、民主主義について討論したり、語学教室を開いたり、同じ病気の子を持つ親が話し合ったり、様々なテーマの部屋が開設されている。

 Twitterのジャック・ドーシーCEOも使っており、同社は昨年12月、Clubhouseのような音声チャットルーム「Spaces」のテストを開始している。

 同社は新たな資金で、Androidアプリも開発し、サーバを増やし、サポート体制を確立し、UIを改善する計画。

 さらに、部屋を開設するクリエイターを支援する助成プログラムを展開する。

 Clubhouseへの参加申し込みは公式サイトから行える。iPhoneアプリは日本でもインストール可能だ(英語版のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.