ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年01月27日 17時02分 公開

「アイリスロボティクス」設立 法人向けロボット事業でソフトバンクとアイリスオーヤマが協業

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループが合弁企業「アイリスロボティクス」を設立。除菌清掃ロボットなど法人向ロボット事業を手掛ける。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループは1月27日、合弁で「アイリスロボティクス」を設立すると発表した。ソフトバンクのAI技術とノウハウにアイリスオーヤマの販売力と生産力を加え、法人向けサービスロボット市場を開拓する。

アイリスオーヤマの大山晃弘社長

 設立は2月1日付で、資本金は1000万円。アイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティクスが49%を出資する。本社はアイリスオーヤマの本拠地・宮城県仙台市。初年度の売上目標は50億円。2025年までに累計1000億円規模の売上を目指す。

 両社は合弁会社を通じてロボットの共同開発を進める。20年11月に発表した除菌清掃ロボット「Whiz i IRIS EDITION」に続き、配膳・運搬ロボット「Servi 」の「IRIS EDITION」を開発。主に商業施設や介護施設へのロボット導入を進める。オペレーターの派遣や業務設計コンサルティングといった導入支援も行う。

除菌清掃ロボット「Whiz i IRIS EDITION」
配膳・運搬ロボット「Servi IRIS EDITION」

 21年度中にはアイリスオーヤマが販売しているAIカメラやLED照明など外部機器と連携する機能を追加し、防犯や小売店の品出し支援などにもロボットを活用する。アイリスオーヤマの大山晃弘社長は「LED照明やAIカメラのソリューションビジネスではロボットが重要なピースの1つになる」と説明。協業のきっかけにもなったという。

 新型ロボットの開発も進めている。22年後半を目標に新しい法人向けロボットを市場投入する予定だ。製造にはアイリスオーヤマの生産拠点を活用する。将来的には民生用ロボットの開発も検討するとしている。

開発ロードマップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.