ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年01月28日 14時44分 公開

LINE、コロナワクチンの接種予約システムを開発 自治体に提供

LINEが、コロナワクチンの接種予約をメッセージアプリ「LINE」上で受け付けるシステムを発表。政府と協力し、全国の自治体に提供する。

[吉川大貴,ITmedia]

 LINEは1月28日、新型コロナワクチンの接種をメッセージアプリ「LINE」上で受け付けるシステムを発表した。政府と協力し、全国の自治体に提供する。予約をオンラインで完結させ、ワクチン接種率の向上を後押しする。

photo ワクチン接種予約システムのイメージ

 ユーザーが事前に各自治体から受け取った整理番号を、それぞれの公式アカウントに送信すると、ワクチンの接種場所や日時を予約できる。公式アカウントでは、ワクチンに関する住民の問い合わせにチャットbotが対応。24時間体制で予約や質問を受け付ける。

photo

 自治体向けのオプションとして、独自のAI技術「LINE CLOVA」を活用したシステムも提供する。具体的には、音声対話AI「LINE AiCall」でワクチン予約の電話に自動応答するシステムや、文字認識技術「CLOVA OCR」で整理番号の誤入力を防ぐシステム、オンライン本人確認「LINE eKYC」でワクチン接種の際の本人確認を自動化するシステムなど。

 厚生労働省による新型コロナワクチンの接種体制の発表を受けた施策。LINEによれば、神奈川県寒川町などすでに全国約100の自治体が導入を決定済みという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.