ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年02月09日 09時50分 公開

Facebook、「コロナワクチンで自閉症になる」などの偽情報を削除 繰り返すとアカウントも削除の可能性

Facebookは新型コロナウイルス感染症のワクチンに関する偽情報がFacebookとInstagram上で拡散するのを防ぐため、削除対象の偽情報投稿リストを拡大した。対象となる投稿を繰り返すアカウント、グループ、ページは完全に削除される可能性がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは2月8日(現地時間)、FacebookとInstagram上の新型コロナ感染症ワクチンに関する虚偽あるいは誤解を招く情報を削除する方針を発表した。

 同社は昨年4月から段階的に新型コロナ関連の虚偽情報対策を進めている。今回の対策強化では、削除対象の内容リストに、以下のような投稿を追加した。完全なリストは英語版の専用ページ(日本語版は本稿執筆現在まだ更新されていない)を参照されたい。

  • 新型コロナウイルスは人工的に作られたものだ
  • ワクチンは予防に効果的ではない
  • ワクチンを接種するくらいなら罹患した方が安全だ
  • ワクチンは有毒で、危険で、不妊症や自閉症を引き起こす
  • ワクチンはDNAを改変する
  • ワクチンには獣の刻印(666)が刻まれている
 fb 削除対象のリスト(一部)

 今後数週間にわたって新ポリシーでの削除を実施していく。削除対象の内容を繰り返し共有するFacebookとInstagramのグループ、ページ、アカウントは完全に削除される可能性がある。

 Facebookはかつて、米国ではしかが流行する原因の1つはFacebookに表示される反ワクチン情報にあると非難された。

 Facebookはまた、正しい新型コロナ対策関連情報がFacebookとInstagramで表示するための複数の取り組みについても発表した。例えばユーザーが新型コロナ関連の情報を検索すると、より関連性のある信頼できる情報を優先的に表示するようにする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.