ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年02月10日 19時08分 公開

「モバイルSuica」リニューアル OS間の移行に完全対応、AndroidならモバイルPASMOと共存可能に

JR東日本が、スマートフォン向けサービス 「モバイルSuica」 を3月21日にリニューアルすると発表。iOS端末からAndroid端末へSuicaを移行できるようにするなど機能を増やす。

[今藤祐馬,ITmedia]

 JR東日本は2月10日、スマートフォン向けサービス 「モバイルSuica」 を3月21日にリニューアルすると発表した。iOS端末からAndroid端末へSuicaを移行できるようにするなど、Android版を中心に機能を増やす。

photo リニューアルの概要

 iOS版、Android版ともに、定期券購入時の経路表示やプッシュ通知機能などを改善する他、「タッチでGO!新幹線」の利用登録に対応する。

 Android版では複数枚のSuicaを発行できるようになり、Google Pay経由での決済にも対応する。リニューアル後は「おサイフケータイアプリ」との連携が必要だが、モバイルSuicaと「モバイルPASMO」を同じ端末で使い分けられるようになるという。

 リニューアルの準備として、3月20日午前11時から21日午前7時にアプリからのチャージや定期券などの購入・払い戻し、各種手続きなどを一時停止する。チャージ済みのSuica残高は利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.