ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年02月12日 17時21分 公開

ジブリ最新作「アーヤと魔女」、4月に劇場公開 初の3D CG 一部カット追加

スタジオジブリと東宝は、2020年の年末にNHKで放映した「アーヤと魔女」を4月29日から劇場公開する。一部カットを加え、映像と音響を劇場クオリティで制作したという。

[ITmedia]

 スタジオジブリと東宝は2月11日、2020年の年末にNHKで放映した「アーヤと魔女」を4月29日から劇場公開すると発表した。「一部カットを加え、映像と音響を劇場クオリティで制作した」(東宝)。

「アーヤと魔女」© 2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

 「ハウルと動く城」のダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童書をスタジオジブリが初のフル3D CGアニメーションとして映像化した。企画は宮崎駿さん、監督を宮崎吾朗さんが務めた。

 舞台は1990年代の英国。孤児院で快適に暮らしていた10歳の少女・アーヤは魔女・ベラ・ヤーガに引き取られ、助手としてこき使われることに。初めて「思い通りにならない」壁にぶつかったアーヤだが、「よおし、負けるもんか」と反撃を始める。

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「昨年末、沢山の人に観てもらったアーヤ。コロナの空気を吹き飛ばすアーヤの元気な姿をぜひ映画館で観てください」としている。

公式サイトで公開している宮崎駿さんのメッセージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.