ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年02月22日 14時20分 公開

ロボットが飲み物をオフィスにお届け、セキュリティゲートを認証カードで通過 三菱地所が実験

三菱地所が、ロボットを使ってカフェからオフィスのセキュリティゲート内まで飲み物を届ける実験を始めた。社員が飲み物を用意する手間を減らす他、新型コロナウイルスの感染リスクを抑える。

[雪城あさぎ,ITmedia]

 三菱地所は2月22日、ロボットを使って、社内カフェからオフィスのセキュリティゲート内の応接室まで飲み物を届ける実験を始めた。同社のオフィスがある「大手町パークビル」(東京都千代田区)で3月5日まで行う。ロボットを使うことで社員が飲み物を用意する手間を減らす他、新型コロナウイルスの感染リスクを抑える。

photo ゲートを通過する際のイメージ

 利用するロボットは、NECネッツエスアイ(東京都文京区)が提供する「YUNJI DELI」(ユンジデリ)。ユーザーが専用のスマートフォンアプリからメニューを注文すると、飲み物を乗せたYUNJI DELIがカフェから出発。セキュリティゲートを通過し、応接室まで自動走行する。

 セキュリティゲートの通過は、YUNJI DELIのボディーに認証用のカードを貼り付けるなど、複数の方法を試す。実験ではYUNJI DELIの安全性や走行性能を検証し、結果を基に他のオフィスビルへの導入も検討する。

 YUNJI DELIは空間や障害物をセンサーで認識し、目的地まで自律走行できるロボット。これまでに神奈川県のレストラン「ステーキ宮」などが試験導入しているが、オフィスでの利用は国内初という。

photo 実験のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.