ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年02月24日 14時00分 公開

ドラレコ映像から“ながら運転”シーンを抽出するAI 脇見、片手、居眠りを検出

車載機器の製造販売を手掛けるデンソーテンとAI開発のDMPが、ドライブレコーダーの映像を分析して“ながら運転”を検知するAIを開発したと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 車載機器の製造販売を手掛けるデンソーテン(神戸市)とAI開発のディジタルメディアプロフェッショナル(DMP、東京都中野区)は2月24日、ドライブレコーダーに映る車内の様子を分析して“ながら運転”を検知するAIを開発したと発表した。

photo

 DMPのAI画像認識サービス「ZIA Cloud SAFE」と、デンソーテンの通信型ドライブレコーダーを活用した。クルマが強い衝撃を受けた際に、ドライブレコーダーで撮影した車内の映像をサーバに自動送信し、実際の事故映像を学習したAIが分析。ドライバーの脇見、スマートフォンを見ながら行う片手運転、居眠りをしている場面を自動で抽出する。

 デンソーテンはながら運転の抽出で、客観的な安全運転教育、事故発生時の原因特定などにつながるとしている。同技術は今後、法人向けドライブレコーダー「G500Lite」に追加する。

photo G500Lite

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.