ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年02月25日 08時25分 公開

NVIDIA、ゲームとデータセンター好調で大幅な増収増益

NVIDIAの2020年11月〜2021年1月期の決算は、売上高は過去再婚の50億300万ドル、純利益は53%増の14億5700万ドルだった。ゲームPC向けGPUやデータセンター部門が好調だった。

[ITmedia]

 米NVIDIAが2月24日(現地時間)に発表した2021年第4四半期(2020年11月〜2021年1月)の決算は、ゲームおよびデータセンター関連の売り上げが過去最高を更新し、売上高が前年同期比61%増の50億300万ドル、純利益は53%増の14億5700万ドル(1株当たり2.31ドル、非GAAPベースで3ドル10セント)と、大幅な増収増益だった。

 売上高は過去最高だった。売上高、純利益ともにアナリスト予測(売上高は48億2000万ドル、非GAAPベースの1株当たり純利益は2ドル81セント)を大きく上回った。

 ゲーム部門はPC向けGPUの「GeForce RTX 30」シリーズが好調で、売上高は67%増の25億ドルと過去最高。データセンター部門は昨年5月発表の「NVIDIA A100 GPU」の採用が拡大し、売上高は97%(約2倍)の19億ドルだった。自動車部門は11%減の1億4500万ドル。

 gpu GeForce RTX 3090

 ジェンセン・ファンCEOは発表文で「われわれは、コンピューティング促進における先駆的な取り組みで、ゲームを世界で最も人気のあるエンターテインメントにし、スーパーコンピュータをすべての研究者の手に届け、AIをテクノロジーの重要な力として浮上させた」と語った。

 2022年第1四半期(2021年2〜4月)については、売上高は53億ドル±2%と予測した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.