ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年03月18日 11時28分 公開

YouTube Studio、動画アップロード中に著作権侵害がないかチェックする機能

YouTube Studioに、コンテンツアップロード中に著作権侵害と広告不適合性がないかどうかチェックするステップがオプションで追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは3月17日(現地時間)、クリエイター向けの新しい著作権侵害対策機能を追加したとサポートページで発表した。デスクトップで動画をアップロードするプロセスに新たに「チェック」というステップをオプションで追加し、コンテンツに著作権侵害の可能性がないか確認できるようにする。現在ロールアウト中だ。

 check アップロードプロセスに「チェック」が追加された

 著作権侵害の可能性だけでなく、YouTubeパートナープログラムに参加している場合は、広告の適合性も確認できる。

 著作権チェックには通常3分程度かかるという。広告適合性チェックにはさらに数分かかる可能性がある。画面には予測時間が表示される。

 これにより、確認のためにまず非公開でアップロードするというステップが不要になる。ただし、この機能は完全ではないので、公開後に動画が制限を受ける可能性は残るとしている。

 チェックで著作権侵害の可能性が見つかった場合は「詳細を表示」をクリックすると、侵害する可能性のあるコンテンツを確認でき、対処方法も提示される。

 広告の適合性についての問題が見つかった場合は、まずはコンテンツガイドラインを参照するよう勧めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.