ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年09月15日 11時19分 公開

YouTube、「TikTok」のような15秒動画「YouTube Shorts」のテスト開始

Google傘下のYouTubeが、「TikTok」のような15秒動画サービス「YouTube Shorts」のテストをまずはインドで開始した。同日からモバイルアプリでは、動画を縦スワイプで表示するようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは9月14日(現地時間)、15秒のショート動画サービス「YouTube Shorts」を発表した。まずはインドでテストを開始し、クリエイターツールを追加しながら提供範囲を拡大していく計画。

 中国ByteDanceのショート動画サービス「TikTok」や米Facebookの「Instagram Reels」などと同様に、スマートフォンで手軽に撮影・編集した15秒までの動画をそのまま投稿できる。

 shorts 1 YouTube Shortsの動画作成ツール

 複数のクリップをつなぐこともでき、一般の動画と同様にライブラリの音楽をBGMとして利用できる。

 shorts 2 モバイルアプリでは動画を縦スクロールで表示するようになった

 YouTubeはまた、同日からモバイルアプリで動画を縦スワイプで表示するようになったことも発表した。画面の上部に表示したサムネイルは自動的に再生が始まり、スワイプして次の動画を上部にするとその動画の再生が始まる。大画面で見たければ、タップすれば従来どおり1動画ずつ再生できる。

 このユーザーインタフェースはYouTube Shortsを連続で見るには便利そうだ。

 同社は、「類似する他のショート動画を見つけられる新しいUIも導入し、Shortsの視聴をより簡単に開始できるようにする」とも説明した。

 TikTokは現在、9月20日までに米Oracleとの提携が成立しない場合、米国でのサービスを停止させられる可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.