ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年01月29日 13時10分 公開

YouTube動画から5〜60秒抜き出してSNSで共有できる「クリップ」のα版登場

YouTubeが、動画の一部を切り取ってTwitterやメールで共有する機能「クリップ」を限定α版で公開した。クリエイターだけでなく、視聴者もクリップを作って共有できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは1月28日(現地時間)、動画の一部を短いクリップとして切り取り、共有する新機能「クリップ」を限定α版として公開した(WebおよびAndroidのみ)。クリップは一意のURLでTwitterなどのSNSやメールで共有できる。競合する米Amazon.comのTwitchには2016年からある機能だ。

 α版の対象となったクリエイターの動画やライブ配信にはハサミアイコンが表示されるようになる。

 clip 1 ハサミアイコン

 ログインしていれば、クリエイター以外でもこのアイコンをクリックすることでクリップを作成し、共有できる。作成するクリップは5〜60秒の範囲の長さ。

 面白かった部分を編集ツールで選び、最大140字のタイトルを付けて「クリップを共有」ボタンをクリックすると、共有先を選択するパネルが表示される。選択肢はFacebook、Twitter、メールなど。「埋め込む」ボタンをクリックすると動画をWebサイトに埋め込むコードが生成される。

 clip 2 共有先はTwitterやFacebookなど、いろいろ選べる

 自分のライブ配信の宣伝などに使えそうだ。以下の解説動画にもクリップアイコンが付いており、実際に試せる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.