ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年03月24日 13時39分 公開

LINEの個人情報問題、本当の“問題”はどこにあったのか(1/5 ページ)

LINEの記者会見に出席したITジャーナリスト西田宗千佳さんが、問題の本質を論じる。

[西田宗千佳,ITmedia]

 3月17日の報道以降、LINEの個人情報取り扱いについて懸念の声が上がっている。23日夜には同社が会見を開き、LINEに関するデータ保存を国内に全て移管することを軸とした対策を発表した。

photo 3月23日夜の会見では、LINEのトップが陳謝した。

 これで問題解決……と考えてはいけない。データ保存の国内移管は一つの方策にすぎないし、個人情報を取り扱う上での万能薬でもないからだ。

 さらに言えば、今回の問題の本質は、問題そのものの見通しの悪さと、消費者側の認識とのズレにある。

 では、LINEが本当に抱えていた課題とはなんなのかを考えてみよう。

LINEではデータがどう扱われていたのか

 会見でLINEの出澤剛代表取締役CEOは、「ユーザーの皆さまにご迷惑とご心配をおかけしたこと、ユーザーの信頼を損なうこととなったことをおわびします」と謝罪した。

photo LINEの出澤剛代表取締役CEO

 ただこれは、あくまで「ご心配をおかけしたこと」と「信頼を損なったこと」への謝罪であり、データが漏れた、という話ではない点に留意していただきたい。

 実際、「一般的な利用者のLINEの中身を覗(のぞ)かれていた」とか「一般的なLINEの会話が外部に流出した」ということは確認されていない。後述するが、迷惑行為で「通報」されたトークに関連するテキストや画像などが、業務委託先中国企業で閲覧可能になっていた……という話である。

photo LINEが提示した今回の問題の概要
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.