ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年03月30日 14時47分 公開

FacebookとGoogle、米国と東南アジアを結ぶ新海底ケーブルを計画

Facebookは北米、インドネシア、シンガポールを接続する2本の新海底ケーブル「Echo」と「Bifrost」の計画を発表した。EchoにはGoogleも投資する。実現すれば太平洋のトラフィック容量を70%増加できる見込みだ。

[ITmedia]

 米Facebookは3月29日(現地時間)、北米、インドネシア、シンガポールを接続する2本の新海底ケーブル「Echo」と「Bifrost」の計画を発表した。実現すれば太平洋全体のトラフィック容量を70%増加できるとしている。Echoには米Googleも投資する。

 cables EchoとBifrostの予定ルート

 Echoは、カリフォルニア州ユーレカからグアムを経由してシンガポールまでつながる。インドネシアにも上陸する予定という。将来的に経由地が追加になる可能性もある。ファイバーペアで米国とシンガポールを直接接続する初のケーブルになる見込み。

 Googleは、Echoによりアジア地域でGoogle Cloud Platformリージョンを実行しているアプリへの地元ユーザーの接続レイテンシが短縮されるとしている。2023年にサービスの準備が整う見込み。

 BifrostにはGoogleは関わっておらず、Facebookとインドネシアのパートナー企業が取り組み、2024年までに完成する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.