ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年04月09日 08時53分 公開

LinkedInからスクレイピングされた約5億人分の公開個人情報も犯罪フォーラムで販売

Facebookに続き、Microsoft傘下のLinkedInの個人情報も犯罪フォーラムで販売されていたことが判明した。ユーザーが公開しているフルネームや電話番号、メールアドレスなどを5億人分、4桁ドルで購入できる状態だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のLinkedInのものとみられる約5億人分の個人情報が米Facebookの5.33億人の個人情報公開と同じ犯罪フォーラムで販売されているとリトアニアのニュースメディアCyberNewsが4月6日(現地時間)に報じた。

 cybernews

 LnkedInは8日、これを認める声明文を発表した。

 linkedin LinkedInの声明文

 LinkedInは、このデータを調べたところ、LinkedInからスクレイピングで取得された公開データが含まれていることを確認したと語った。ただし、プライベートメンバーアカウントのデータは確認できなかったとしている。このデータのすべてがLinkedInのものなのではなく、多様なWebサイトや企業からのデータの集合体という。

 CyberNewsによると、データに含まれているのはLinkedInユーザーのフルネーム、メールアドレス、電話番号、他のSNSプロフィールへのリンクなど。2ドル相当のフォーラムクレジットでサンプルを見ることができ、数千ドル($$$$)で5億人分のデータベースを購入できるという。このデータの投稿者は、LinkedInをスクレイピングすることで入手したと説明している。Facebookのケースと同様、これらのデータもLinkedInへのハッキングで入手したものではないということだ。

 スクレイピングとは一般には、Webサイトから情報を抽出する技術を指す。LinkedInは「スクレイピングなどによるメンバーのデータの誤用は利用規約に違反する。われわれはこの行為を阻止し、責任を追わせる」としている。この声明文にはユーザーへの謝罪はなく、データが流出したユーザーに通知するかどうかは不明だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.